フィナステリドとは

フィナステリドとは

フィナステリドとは

フィナステリドとは、世界で初めてAGA治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局)から認められた「飲む育毛剤」です。

抗アンドロゲン薬の1つであり、テストステロンという男性ホルモンを脱毛作用のある「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換させる「5-アルファ還元酵素」の働きを阻害する効果があります。

フィナステリドは、本来は前立腺肥大症や前立腺ガンの治療に使われていた薬です。

これらの病気の治療薬としては、既に1991年に開発が始まり、翌年には販売が開始されていました。

フィナステリドがAGA治療薬として出回るようになったのはその5年後、1997年のことです。

日本でフィナステリドがAGAの治療に用いられるようになるのはもう少し先のことで、2005年になってようやく厚生労働省の認可が下り、販売されるに至っています。

なお、フィナステリドはあくまでも薬品の一般名であり、商品名としては日本においては「プロペリア」が知られています。

形状は錠剤で、0.2mgと1mgという2つの種類があります。

服用量は1日0.2~1mgと定められており、通常は1日1回1錠の服用です。

ただし、フィナステリド(プロペリア)は医師の処方箋がなければ購入できない薬ですから、希望される場合には必ずADA治療を取り扱っている専門の医療機関で診察を受けなければなりません。

初診時には「AGAチェック」というテストが行なわれ、血液もしくは毛髪を採取した上で「AGAのリスク」や「プロペリアの有効性」が調べられます。

つまり、このチェックにクリアし「フィナステリドが有効である」と認められた患者さんのみ治療をスタート出来るというわけです。

フィナステリドは、ミノキシジルの入った外用の育毛剤と併用することで、さらに高い効果が表れると言われています。

お医者さんによってはこの2つを併用した治療を積極的に導入している所もありますので、ぜひご相談されてみてはいかがでしょうか。


AGA治療は専門医療機関で
AGA治療クリニック【東京池袋】

AGA治療 発毛治療専門クリニック