薄毛と遺伝について

私が愛用している育毛サプリメントの紹介です。

ズバリ、「薄くなりましたね」と言われてしまった方
他人からの視線が上の方に感じる方
毛が薄くなり、なんかとても気分がブルーな方
すべて私の事ですが・・・おすすめです。
おすすめのサプリメントはこちら⇒育毛サプリ



薄毛をあきらめない!まだまだ現役で頑張る!


薄毛と遺伝について

薄毛と遺伝について

AGAなどの薄毛は「5-アルファ還元酵素」の働きにより、睾丸で作られるテストステロン(もしくは副腎で作られるアンドロゲン)といった男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン) という物資に変換されることによって発生します。

こういった体質は、食生活やストレスによって引き起こされるのはもちろんですが、最も恐ろしいのは「遺伝」による要素がとても大きいということです。

昔から「おじいさんやお父さんが薄毛の人は、はげやすい」と言われていますが、これは単なる迷信ではありません。

遺伝が薄毛に関係すると正式に判明したのは、1916年のこと。

オズホーンという生物学者の研究により、明らかにされました。

現在では「男性ホルモン受容体遺伝子」が、脱毛や薄毛に関係する情報を運んでいるのではないかと考えられていますが、 それと同時に遺伝因子は1つのみでなく、別の因子も存在することが事実として分かっています。

つまり、複数の遺伝因子の相互関係によって薄毛になる・ならないが決まってくるということであり、これについては今後のさらなる研究が大いに期待されるところです。

いずれにしても「遺伝による薄毛」が少しでも疑われる方は、薄毛が本格化しないうちにAGAの治療を取り扱う医療機関できちんとしたケアを受け、対策しておくことが大切と言えるでしょう。

とはいえ「自分の家系は薄毛なのか、よく分からない」「自分は本当に薄毛の遺伝子を受け継いでいるのか?」と疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

そのような方のために、最近では「ADA遺伝子検査キット」という物もあり、インターネットで簡単に購入することが可能です。

また、AGAの治療を取り扱っている専門の医療機関においてもこの検査を受けることが出来ますので、検査後に医師によるアドバイスや治療をすぐに受けたい方などはこちらの方法が手っ取り早くておすすめです。

なお、薄毛の原因は1つだけではなく、複数の要素が絡んでいるケースが大半を占めていると言われています。

そのため、遺伝による薄毛が判明した場合でも、ストレスや食生活などその他の要因がないかどうかを慎重に検証し、多方面からアプローチしていくことが本当の意味での治療を行なう上では重要であると言えます。


AGA治療は専門医療機関で
AGA治療クリニック【東京池袋】

AGA治療 発毛治療専門クリニック