AGA治療薬の基礎知識

AGA(男性型脱毛症)の治療薬としては、世界初のAGA治療薬として承認された「フィナステリド」があります。

このフィナステリドは、抗アンドロゲン薬の1種で、男性ホルモンの1つであるテストステロンをジヒドロテストステロンへと変換する酵素「5-アルファ還元酵素」を阻害する働きがある薬です。

元々は、前立腺肥大症や前立腺ガンの治療に用いられていたもので、医療現場ではお馴染みの薬だったと言えるのではないでしょうか。

1991年に開発がスタートし、まず1992年に前立腺肥大症の治療薬として販売されるようになりました。

しかし、その後低容量の使用で男性型の脱毛症にも効果を発揮することが判明し、1997年にはFDA(アメリカ食品医薬品局)によって世界で初めてのAGA治療薬として承認されました。

日本においては、厚生労働省によって2005年に発売が認められ、現在に至っています。ただし、日本では「プロペシア」という商品名が付けられていますので、こちらの方が分かりやすいかもしれませんね。

フィナステリド(プロペシア)は、医師の処方が必要な薬です。服用を希望される方は、AGAの治療を取り扱う医療機関にて診察を受けてください。なお、保険は適用されず自費となりますので、この点に注意しましょう。

フィナステリド(プロペシア)は、通常1日1回1錠を服用します。1日に服用する用量は「0.2~1mg」と定められていますので、これ以上は絶対に服用してはいけません。服用時間について特に決まりはありませんが、医師から指示があればその通りに飲むようにしてください。

「髪の毛のことで薬を服用するのには、何となく抵抗がある」「副作用は?」「安全性は?」などといった不安をお持ちの方も多いのではないかと思いますが、AGAの治療に用いるフィナステリド(プロペシア)は極めて低用量ですし、特に注意すべき副作用の報告もありませんので、安心してお飲み頂いて大丈夫です。